10周年記念特設ページ

10周年記念スペシャルインタビュー 10周年記念スペシャルインタビュー PEGL1期生×初代マネージャー スペシャル対談

INTERVIEWEES

山田 恵子

初代マネージャー:山田 恵子(Keiko Yamada)

ビジネス・ブレークスルー大学が2008年にPEGLを開講した際の初代マネージャー。
講座を立ち上げ、英語科目の講師を含む講座運営全般に携わる。以来、PEGL・BBTオンライン英会話・BBT大学などで継続して受講生の英語学習を支援。現在はフリーランスの翻訳家としても活躍中。TOEIC L&R 990点/英検1級。

岩本 進也

受講生:岩本 進也(Shinya Iwamoto)

NTT東日本にて、人材育成と生産性向上の旗振り役を行う。
2006年アタッカーズ・ビジネススクールで「BOSE社のマーケティング戦略の研究」にて優秀賞受賞。2008年PEGLと出会い、視野及び発想の変化を実感する。2010年ビジネス・ブレークスルー大学大学院修了(GMBA)。

伊勢田 篤史

受講生:伊勢田 篤史(Atsushi Iseda)

弁護士・公認会計士。弁護士法人L&Aパートナー。
2008年、監査法人国際部勤務時に、PEGLを受講。その後、法曹への道に進み、英語スキルをブラッシュアップすべく、再度、2016年PEGLマネジメント力トレーニングコースを受講。

荒木 静子

インタビュアー(現マネージャー):荒木 静子(Seiko Araki)

2018年4月よりPEGLのマネージャーとして着任。日本企業を中心に、グローバル教育の現場に25年以上携わる。PEGLでは、現場観を失わないよう『受講者の声を大切に』をモットーに現講座の改良や新規講座の開発などに携わっている。

PEGL[ペグル]開発の時点で、「これからグローバルの波が来る」という空気は間違いなくありました。(山田)

今回は、PEGL1期生の岩本さんと伊勢田さん、そして当時PEGLの開発に関わった初代マネージャーの山田さんをお呼びし、受講・開発当時のエピソードなどを語っていただこうと思います。それではさっそくですが、10年前、PEGLという講座はどのような経緯で誕生したのでしょうか。

山田2007年の年末頃だったと思いますが、本講座の監修者である大前研一から「ビジネス・ブレークスルー(以下BBT)で英語をやろう」という話が出ました。当時BBTでは、英語に関する講座は一切扱っていなかったこともあり、翌年2008年4月から立ち上げよう、ということで始まったんです。

岩本たしか楽天の英語公用語が始まったのも、2010年頃ですもんね。

山田そうですね、PEGL開発の時点で「これからグローバルの波が来る」という空気は間違いなくありました。これまでは、英語が飛びぬけてできる“特別な人”だけが、現場をハンドリングしていましたが、「誰でも英語が必要になる状況が来る」「グローバル人材育成」という考え方は、当時はまだ新しかったように思います。いわゆる過渡期というか。

実際にどうやってそこからカリキュラムを作り上げていったのでしょうか?

山田現在のPEGLの教材は9割オリジナルですが、スタート時は英語学習のノウハウも必要でしたので、英語の部分は、歴史のあるアルクさんやGABAさんとの共同開発から始まりました。そして、ビジネスの部分は大前が作ると。構想は初めから大前の中にはあったようで、何をどうやって作るかという筋道は決まっていたようです。

岩本当時からPEGLは一貫して「英語はツールなんだ」ということを言っていたのが未だに刺さっています。「ブロークンでもいいんだ、結果を出すことがゴールなんだ」と、大前さんが言ってくれたことが、僕にとっては励みになりましたね。

伊勢田私は具体的なビジネスシーンの例がたくさん出てきたのが嬉しかったですね。実際に海外ビジネスをしたことがなくても、現場でどういうふうにコミュニケーションを取るのかが分かりました。たとえば、海外駐在に行った先で自分のこと、プロジェクトのことを伝えなければいけないとか。「ああ、こういう時はこうするんだ」「日本と海外はこんなふうに違うんだ」というのが理解できましたね。

単純にTOEIC®のスコアを上げる講座だったら、受講していなかったと思うんですよ。(岩本)

皆さんにとってPEGLが他の英語学習と違うと感じたポイントは何だと思いますか?

岩本やっぱり「実践の量」じゃないですかね。受講当時、僕はぜんぜん英語というものに慣れていなかったんですが、受講生がそれぞれ英語を書き込む(課題提出する)じゃないですか。それも大量に読むんですよ。でも、内容は日本人の発想だから読みやすいんです。PEGLで触れる英語はこれまでの英語と違うというか、TOEIC®のテキストを読んでいると、やっぱり問題集の英語だし、例文なんですよね。でもPEGLに出てくるものは内容が生きているので。僕の場合はビジネスを学びたいという根底があったからかもしれませんが、単純にTOEIC®のスコアを上げる講座だったら、受講していなかったと思うんですよ。

伊勢田やはり実践的であるというのが一番ですね。自分は学生時代けっこう英語は頑張ったタイプだったんですよ。むしろ得意な方だったんです。でもそのとき学んだのは、「受験英語」なんですよね。PEGLで学んだのは、まさにその受験英語からビジネス英語への脱却というか。いわゆるこれまでの「括弧の中を埋めよ」とか「これを日本語に訳せ」みたいなものではなくて、具体的に「ビジネスのこんなシーンで、外国人にこんなことを言われたら何と返すのか」とか「あなたならどう考えるか」というところが非常に面白かったですね。つまりは、学問としての英語学習ではなくて、「実践で使うときにどうするのか」という問題に頭を使うというアプローチ。今まで学んだことがなかった視点でしたね。

実は10年経った今でも、オンラインだけで「英語とビジネスが両方学べる」ということに魅力を感じて受講してくださる方がほとんどなんですよ。

山田開発時も「どこもやっていない、新しいことをやろう」という決意は強かったですね。まだまだ通学型の英会話スクールが主流の時代でしたから、オンライン英会話の存在自体も、ゼロとは言いませんが、ほとんど無いですし。

伊勢田たしかに昔はスカイプ英会話なんてなかったですね。私はずっと自宅からパソコンでずっとやっていましたね。

岩本たしか今はスマホ片手に講義映像が見れるんですよね?当時からすれば本当にすごいですよ。あの頃は別の機器か何かに講義映像をダウンロードして、外出先で見ることをしてましたね(笑)。

2008年だと、スマホはそこまで普及していなかったですものね。今でも「こういう講座って他にないですよね?」とよく聞かれますから、当時であれば尚のことインパクトが強かったのかなとも思います。

伊勢田まだまだガラケーの時代ですもんね(笑)当時は「持ち運ぶ」なんて概念もないですし。家に帰って気合で1時間、2時間やる!ということをしていました。

岩本PEGLが「オンラインで英会話をやろう」と思い立ったきっかけはなんだったんですか?

山田これは大前のアイデアですね。自前でスクール部門を作って、あくまでもオンラインのこだわりは残して…という構想です。母体となるBBTが1998年からオンライン教育を提供し続けている企業なので、そこはブレていませんね。

英語だけではなくて、ビジネスのコンテンツもあるというのが更に一押しされた理由ですね。(伊勢田)

10年前、岩本さんや伊勢田さんは、英語に対してどんな想いを持っていましたか?

岩本自分の勤務先はドメスティックな大手通信会社なので、当時はグローバルのグの字も出ていなかったんですよ。ただ、やっぱりこれからのキャリアを考えたときに「あまり先行きは明るくないんじゃないかな」と思い始めていたんですね。そうしたときに、会社のやり方だけではなくて、自分で何とかするにはもっとビジネスを学ばなければと思っていました。ちょうどその頃、仕事をしながらオンラインでMBAを取得するというBBT大学院(現・ビジネス・ブレークスルー大学大学院)を見つけて、すべての発端はそこから始まりました。MBAっていったら海外を想起させるじゃないですか。それで、日本にいてもどうせだったら英語で勉強したいなと。それがPEGLへの入り口になりましたね。

伊勢田私の場合は、当時、英語を学びたいと思って色々と教材やスクールを探していたんですが、様々な選択肢がある中で「通学式は仕事をしながらは厳しいな」と感じていました。でも、PEGLはネット上で読み書きからスピーキングまでをカバーすると打ち出していたので、「これはなかなか珍しいコンテンツだな」と思ったんです。当時は監査法人にいたので、海外勤務のルートも一応あったんですが、自分は転職をして経営コンサルの道に行きたいと考えていたので、英語を勉強したいという欲求があったんです。しかも、英語だけではなくて、ビジネスのコンテンツもあるというのが更に一押しされた理由ですね。

では、単刀直入にお聞きします。PEGLを受講して、英語力は伸びましたか?

岩本・伊勢田はい。

一同おお!(笑)

伊勢田まず、最初は720点だったTOEIC®スコアが、860点くらいまで上がりました。その後何年も経ってTOEIC®を何回か受けていますが、今でも800前半は取れます。当時やり込んだからなのか、英語力は落ちてませんね。

伊勢田さんはあれから10年経って以前より英語を使う状況は変わられたと伺っていますが、いま突然英語でのシチュエーションに放り出されても怖気づくということはないですか?

伊勢田ないですね。普段もちょっとした法律の相談なんかであれば英語でやったりもしますが、分からないことにぶつかっても、意気消沈することがなくなりました。ブロークンだろうがなんだろうが、なんとかなると思っているので。どんなに文法が正しくても、中身がなければ意味がないし、そこで契約交渉が取れなかったら成り立たないし。PEGLが大事にしている「結果が出せればいい」という割り切りは納得感がありますね。

岩本僕はPEGLを学んでから10年間、英語を学び続けるということがコンスタントに続いています。ネットニュースも読みますし。もともとはドメスティックだった人間が、英語と日本語で情報を得に行くようになりましたからね。世界のニュースっていうのは英語で駆け巡っていて、何かしらの影響を与えているわけじゃないですか。それをダイレクトに捕まえるっていうのはやっぱり違いますよね。そういうものをキャッチできるチャンスが広がったのは大きいですよ。

山田そうですよね。ニュースひとつ取っても、日本人とは見る視点も考えるポイントも違いますものね。色んな発見がありますね。

岩本今ようやくオリンピックが近づいてきて、ドメスティックな同僚も「やれ英語だ、グローバルだ」と話し始めていますが、ようやく「なんで岩本は英語ができるんだ?」と言われるようになりましたから(笑)

PEGLを受講して「人生が変わった」と仰ってくださった方もいらっしゃったんです。(山田)

では、どんな人がPEGLを受けると効果が出ると思いますか?

岩本日本人に合っているなと思うのは、PEGLはオンライン講座だからこそ、ネット上でやりとりができるという点じゃないですかね。日本人ってやっぱり「失敗したくない」「人前で恥をかきたくない」っていう人が多いと思うんですよ。だからこそスピーキングなんて、いきなり人前で披露するなんて心理的にもハードルが高いわけです。PEGLなら、最初は下手な英語でも、一生懸命調べて文章を磨いたり、熟考できる時間もできるし、そうやってアウトプットすることを何度も何度も重ねるうちに慣れてくると、「ああ、これでいいんだな」と自信がついてくるんですよ。しかも、自分ひとりではなくて他の人の英語に触れて感化されたり、講師からフィードバックももらえますから。

PEGLのオンラインの良さは、「いつでもどこでも学べる」という点だと思っていましたが、そういうメリットもありますね。

岩本PEGLでもフォーラム内で英語だけで議論する科目もあるじゃないですか。あんなところリアルな場で丸腰で行ったら、二度と行かなくなるだけだと思うんですよね。英語ができる人にはできるんでしょうけど、初心者にとっては敷居が高い。だからこそ、これからそこに踏み込まなきゃいけない状況に置かれている人にとってPEGLは良い場所だと思いますね。

伊勢田アウトプットの場をたくさん設けられるところもいいですね。英語ができるようになると必要とされる場面も増えるわけで、上級者ほど練習が必要だと思うんですよね。マネジメント力トレーニングコースは年間で180回も英会話漬けになれるコースですから。あと、毎回必ず講師からフィードバックが細かく届くのもいいですよね。

では最後に、PEGLを検討している方にメッセージをお願いします。

岩本世界が変わるというより、世界を変える、という感覚が磨かれると思います。得るものが広がれば自分も変わりますし、そこで新しい発言をする自分が、世界を変えていくという意味で。

山田PEGLを受講して「人生が変わった」と仰ってくださった方もいらっしゃったんですね。本当に頑張れば人生を変えられる講座だと思うので、グローバルでの活躍を目指す多くの方にご受講いただきたいと思います。

伊勢田私からのメッセージはシンプルに、「Join us!!」ですかね(笑)

一同(笑)

インタビューを終えて

開発当時のお話しは時代背景も思い出しながら、PEGLの原点を興味深く伺いました。そんな中、ふと休憩中に漏らされた「なんでみんな英語をやらないんだろう」という一言に、一瞬「ん?」と思ったのですが、そこには自分の世界を拡げる為、誰もがツールとして身に着けておいてほしいという思いが込められていました。
国内ではグローバルへの意識を持ち難い事は確かですが、意識を持っている方々だけではなく、今はそうでない方も関心を持っていただけるような教材作りを心掛け、受講者の皆さんのサポートしていきたいと改めて感じた時間でした。

インタビュー・記事
荒木 静子(Seiko Araki)

岩本さん、伊勢田さんが受講されたコースはこちら

[中級コース]円滑なコミュニケーション力を身につけたい

より相手に伝わる電話対応や英文Eメールなど、実践で使える英語スキルとグローバルビジネスの環境に対応できるマインドセットを学びます。

コースの詳細へ

10周年記念ページを見る