科目詳細 Subject Details

ビジネスパーソンのための英単語講座

概要Overview

聞き手が思わず引き込まれてしまうような話し方をするエグゼクティブの英語を注意深く聞くと、使っている単語が違っていることがわかります。この講座では、ビジネスの現場でよく使われている48の英単語をとりあげて、ミーティング、プレゼンテーション、プロジェクト推進など、ビジネスのシーン別に今すぐ使える英語表現をご紹介します。

学習時間(目安) 1回30分(全12回)
身につく力
  • 表現力
  • 単語力
  • ミーティング
  • プレゼン
  • ニュアンス

第2回 プレゼンテーションを行う(1.SHARE, 2.OVERVIEW, 3.REFER, 4.SUMMARIZE)より

同じことを言うのであっても、英単語の選び方によってニュアンスは大きく異なります。特にビジネスシーンにおいて適切な選び方をすることは、相手に伝わる表現がより明確でTPOに即しているかが重要です。この回では、「相手に伝える」と言いたい時に、「Tell」と「Share」の2つの単語からどういったニュアンスの違いが生まれるのか、対比させながら解説します。

この科目で学べること

  1. ビジネスに好ましい英単語の使い方を、シーン別に学ぶことができる
  2. 海外ビジネス等の経験に基づいた解説とあわせて、理解を深めることができる
  3. 「受験英語」の英単語ではなく、ネイティブが現場で使う表現が身につけられる

こんな方におすすめ

  1. 独学で覚えた英単語の、適切な使い方が分からず悩んでいる方
  2. ビジネスシーンに即した、相手に刺さる単語表現を身につけたい方
  3. 言い回しや表現の数を増やしながら、すぐに使える英単語を効率よく学びたい方

講義一覧Syllabus

ビジネスパーソンのための英単語講座

第1回 ミーティングを行う 1.OBJECTIVE, 2.FACILITATE, 3.CLARIFY, 4.RESERVATION
第2回 プレゼンテーションを行う 1.SHARE, 2.OVERVIEW, 3.REFER, 4.SUMMARIZE
第3回 社外へプレゼンテーションする 1.ANNOUNCE, 2.LAUNCH, 3.RELEASE, 4.COMMIT
第4回 自社をアピールする 1.AIM, 2.GENERATE, 3.PRODUCE, 4.ADVANTAGE
第5回 モチベーションをあげる 1.ACHIEVE, 2.TEAM, 3.DELEGATE, 4.PROGRESS
第6回 フィードバックする 1.FEEDBACK, 2.PERFORMANCE, 3.RESULT, 4.FOCUS
第7回 プロジェクトを推進する 1.DEVELOP, 2.EXECUTE, 3.PROMOTE, 4.EXPAND
第8回 困難を乗り越える 1.CHALLENGE, 2.ISSUE, 3.IMPROVE, 4.OPPORTUNITY
第9回 交渉などの話し合い 1.PERSPECTIVE, 2.CONSIDER, 3.MONITOR, 4.REVISIT
第10回 報告する 1.UPDATE, 2.MANAGE, 3.SOLVE, 4.REPORT
第11回 お礼をする 1.APPRECIATE, 2.RECOGNIZE, 3.EXPRESS, 4.OCCASION
第12回 丁寧に話す 1.ALLOW, 2.ENABLE, 3.POSITION, 4.REMIND

講師紹介Lecturers

受講環境System Environment

学習スタイル
  • 映像講義
  • 理解度テスト
対応端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン
言語
  • 日本語

中級コース科目一覧Subject List

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。