科目詳細 Subject Details

Cultural Intelligence ~カルチュラル・インテリジェンス~

概要Overview

グローバルに通用するリーダーになるために必要な、異なる文化を読み解き、適応する力=CQ (Cultural Intelligence) 。世界中の人たちとチームを組んで仕事をし、結果を出すためのスキルを学び、文化の違いを理解するだけでなく、その違いを超えて相手に伝わるコミュニケーション力までをも学びます。様々な国・文化において、Cultural Intelligenceの核となるDrive(意識)、Knowledge(知識)、Strategy(戦略)、Action(行動)の4つの能力を理解し、自らが行動・実践できるための力を身につけます。

学習時間(目安) 1回30分(全8回)
オンラインディスカッション: 全8テーマ (2テーマ/月)
身につく力
  • EQ(感情理解)
  • 異文化理解力
  • 人を動かす力
  • グローバルな視野
  • 話す力
  • 聞く力
  • 表現力
  • 問題解決力
  • マネジメントスキル

第4回 CQ Knowledge~知識~(直接的 VS 間接的コミュニケーション)より

世界には、直接的なコミュニケーションを好む国と、間接的なコミュニケーションを好む国が存在します。日本は間接的傾向が強い文化ですが、さらにそれよりも間接的なコミュニケーションを取る国もあり、より配慮を必要とした言動が求められます。この回では、相手がどの国・文化に位置するかによってどのように自分自身の対応や考え方を調整するかを考えます。

この科目で学べること

  1. グローバルに通用するリーダーになるために必要な、異なる文化を読み解き適応する力を学べる
  2. 国別のビジネスの進め方、思考傾向や行動様式を理解し、相手に伝わるコミュニケーション力が習得できる
  3. CQアセスメントの受検し、自分の異文化対応力を可視化できる

こんな方におすすめ

  1. 海外の現場・パートナーを相手にうまく仕事が進めることに自信がない方
  2. グローバルに通用するためのCQスキルを鍛え、それをビジネスで生かしたい方
  3. 自身のCQスキルを知り、受講生や講師とケーススタディを実践してみたい方

学習の流れと講義一覧Learning Methods & Syllabus

映像講義を見る

映像講義を見る

グローバル環境下で必要とされるCultural Intelligence(CQ)の知識やスキルなどを体系的に学びます。

ディスカッションに参加する

ディスカッションに参加する

ラーニングアドバイザー(LA)が、毎月1日に課題を発表します。1ヶ月間の中で、ご自分の好きなタイミングで英語で課題提出をし、受講生同士でオンラインディスカッションを行います。

CQアセスメントを受検する

CQアセスメントを受検する

日本初、ハーバードMBAの課外授業で効果測定にも使われている『CQアセスメント』を導入。あなたのCQを「4つの能力」のカテゴリ別に測定し、「自分は何が足りないのか」を明確にしたのち、集合研修へ参加します。


Cultural Intelligence(カルチュラル・インテリジェンス)

第1回 About CQ ~CQとは?~
第2回 CQ Drive ~意識~
第3回 CQ Knowledge ~知識~(リスク回避・リーダーシップに関する国別事情)
第4回 CQ Knowledge ~知識~(直接的 VS 間接的コミュニケーション)
第5回 CQ Knowledge ~知識~(言語的 VS 非言語的コミュニケーション)
第6回 CQ Knowledge ~知識~(トップダウン式 VS コンセンサス重視コミュニケーション)
第7回 CQ Strategy ~戦略~
第8回 CQ Action ~行動~

講師紹介Lecturers

受講環境System Environment

学習スタイル
  • ディスカッション
  • 映像講義
  • 集合研修
対応端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン
言語
  • 英語
 
※全ての英語音声の映像講義にはTranscript(英語を日本語に文字起こしした副教材)をお付けしています。
 

リーダーシップ力トレーニング科目一覧Subject List

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。