科目詳細 Subject Details

Global Literacy ~グローバル・リテラシー~

概要Overview

グローバルで活躍できるリーダーになるためには、世界中の異なる考えを持った人たちとチームを組んで、人を動かし、人との深いつながりを構築できる力が求められます。グローバルリーダーとして異文化・ダイバーシティの入り混じるグローバルなチームをけん引し、結果を出すためには、表面的な異文化の理解で満足するのではなく、その裏にある各文化のコアを知ることが重要です。この講義では、グローバルリーダーとして活躍するのに必要なグローバルリテラシーは何かを学び、世界の様々な文化圏のコア概念を学ぶことにより、受講者各々が、グローバル社会の中で確固たる世界観を構築することを目指します。

学習時間(目安) 1回30分~90分(全18回)
オンラインディスカッション: 全13テーマ (1~2テーマ/月)
身につく力
  • EQ(感情理解)
  • 異文化理解力
  • グローバルな視野
  • 教養
  • 問題解決力
  • マネジメントスキル
  • 世界情勢

多様性の中でリーダーシップを取らなければならない時、「自分の論理と異なる外国人の主張が理解できるか」「自分の主張を外国人に納得させることができるか」など、コミュニケーションのベースとなる知識が必要です。グローバルリテラシーを学ぶことで、その原点(コア)を理解し、円滑に物事を進められるためのスキル(教養)を修得します。

この科目で学べること

  1. グローバルリーダーに必要とされる教養を身につけることができる
  2. リベラルアーツの専門家から各文化の歴史的背景を多角的に学ぶことができる
  3. 世界の様々な文化圏のコア概念を理解し、さまざまな状況に応じた適用力を修得できる

こんな方におすすめ

  1. 外国人との会食の際に仕事やお酒、スポーツ以外の話ができなくて困っている方
  2. 考えや価値観の異なる外国人が理解できずに悩んでいる方
  3. リベラルアーツを学び、外国人の行動形式の原点やコアを理解したい方

学習の流れと講義一覧Learning Methods & Syllabus

映像講義を視聴する

映像講義を視聴する

グローバル環境下で必要とされるグローバルリテラシーの知識やスキル、世界の様々な文化圏のコア概念などを体系的に学びます。

課題に取り組む

課題に取り組む

ラーニングアドバイザー(LA)が、毎月1日に課題を発表します。1ヶ月間の中で、ご自分の好きなタイミングで英語で課題提出をしてください。

フィードバックを確認

フィードバックを確認

LAからフィードバックが届きます。他の受講生の提出した内容なども読み合いながら、課題や英語への理解を深め、知見や視野を広げます。




Global Literacy(グローバル・リテラシー)

第1回 概略
第2回 ヨーロッパ (1)
第3回 ヨーロッパ (2)(リスク回避・リーダーシップに関する国別事情)
第4回 イスラム
第5回 インド・東南アジア
第6回 中国
第7回 韓国(朝鮮)
第8回 日本
第9回 科学技術史・西洋編 (1)
第10回 科学技術史・西洋編 (2)
第11回 科学技術史・東洋編 (1)
第12回 科学技術史・東洋編 (2)
第13回 科学史・日本編
第14回 技術史・日本編 (1)
第15回 技術史・日本編 (2)
第16回 科学+技術・比較編 (1)
第17回 科学+技術・比較編 (2)
第18回 総括

講師紹介Lecturers

受講環境System Environment

学習スタイル
  • ディスカッション
  • 映像講義
対応端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン
言語
  • 日本語

リーダーシップ力トレーニング科目一覧Subject List

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。