受講生の声
Student Voices

プレゼンや会議の進め方などすぐ仕事に役立つ英会話レッスンが効果的。

  • 上級コース卒業

T.Sさん

医師

受講前の英語力はいかがでしたか?
リスニングは、BBCやCNNなどのニュース英語がぼんやりわかる程度でした。スピーキングは英語の出来る相手に助けてもらいながら、なんとかコミュニケ―ションできるレベルで、専門領域の内容は比較的スムーズにやり取りできましたが、雑談のようなとりとめのない会話はうまくできませんでした。リーディングについては専門領域の内容はよく理解できますが、それ以外の内容は英単語不足のため辞書で調べながらなんとか理解できる程度。ライティングはe-mailで簡単なやり取りができる程度でした。
英語が必要だと感じたきっかけはなんですか?
日本で仕事する分には、英語ができず非常に困る、といった場面はそんなに多くありませんでした。しかし英語がある程度出来ることを前提とした会議やセミナーなどが増え、また、若い層で英語を自由に操ることのできる人の割合が増えてきましたので、英語コミュニケーションは不可欠なスキルになりつつある、と実感したことが、英語が必要だと感じたきっかけでした。また、これまで漠然と英語習得に取り組んできましたが、実際に使えるレベルまでものになっておらず、これまでの英語学習への投資が無駄になってしまうのに危機感を感じていました。
受講前に不安だったことはありますか?(例:語学力、仕事、将来の事など)
仕事と並行での受講なので、仕事が立て込んでいるときに受講ペースを維持できるかが不安でした。
沢山の学習教材・方法がある中で、なぜPEGLを受講しようと思ったのですか?
これまでの英語学習の経験から、語学の上達だけの目的で英語を勉強する効率の悪さと、無味乾燥さが分かっていました。実践ビジネス英語講座(以下PEGL)上級コースは、英語“で”勉強するカリキュラムが多く、知的欲求も満たしながら興味をもって英語の勉強を継続できるのでは、と思いました。ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジの他講座(問題解決力トレーニングプログラム、資産形成力養成講座)もとっていて、大前さんやコンセプトに共感していたというのも受講理由の一つです。
日々どのように学習されましたか?(工夫した点などがあれば教えてください)
勉強のスケジュールはたてましたが、やはり仕事が立て込んでいたり、仕事で難題に直面したときには、英語どころではない、となってしまいスケジュール通りとはいきませんでした。1日8時間やったかと思えば、しばらくは嫌になって2週間まったく勉強しない、なんてこともありました。なんとかぎりぎりすべり込んで帳尻合わせた感じでした。こころがけたのは、完璧を目指さないこと、そしてある程度まとまった範囲で理解がすすめば、そこで一区切りつけて次にすすむ、としたことです。
本コースで役に立った、興味深かった科目はなんですか?
スカイプでの英会話(BBTオンライン)です。非常によく練られたシステムだと思いました。1回あたり25分という時間もちょうどよいと思いました。これまで他社でのスカイプの英会話レッスンを受けたことがありましたが、1回60分と非常に長く感じ、間延びしてしまい、またレッスン前の気分的な負担も重かったです。1回25分は、少し物足りないくらいで1回が終了、というぐらいの時間で、最初から最後まで集中力が持続して密度の濃いレッスンでした。また毎回レッスンごとにマスターすべきテーマや言い回しがあり、着実な進歩を実感できました。講師の方々は研修をしっかり受けられている、という印象で、どの講師を選択しても、同じようなスタンスでレッスンが進行し非常にやりやすかったです。
PEGLを受講して、どのような成果を感じましたか?
英語への抵抗感、ハードルを下げることができたと思います。受講前は、英語ニュースの内容がまったく把握できないこともあったリスニング力も、受講後は、細かなことはともかく内容は理解できるようになり、リラックスして英語を聴くことができるようになりました。また、これまで仕事で英語を使うことも少なく、プライベートで英語を話す機会もなかったため極端にスピーキング力が弱かったのですが、1年間のレッスンのおかげで、“会話が続かなくなり沈黙”ということはなくなりました。しかしスピーキングはまだまだ継続が必要と感じ、上級コース終了後に、英会話中心のマネージメントコースを現在受講しています。
今の英語力は受講前と比べてどのように変化しましたか?
リスニングとスピーキングはかなり進歩したと思います。PEGLの講座自体が、特にこの2つの能力アップに効果的だと思います。
受講を検討されている方に一言お願いします。
これさえやればO.K.という英語学習の教材や講座はない、と思います。ある程度英語の学習が進めば、自分の英語力を自分なりに評価し弱点を克服していく、というプロセスになるかと思います。その際に利用する教材として最高のコンテンツを持った講座だと思います。漫然と与えられたカリキュラムをこなすというより、自分なりに工夫してテーマをもってカリキュラムを利用する、という風にすれば、大きなリターンを得られると思いました。私の場合、企業戦略やファイナンス、アカウンテイングなどに興味があり自分なりに勉強していましたが、英語ではこういう言い方をするのか、という視点で講義を受けていました。また、スカイプの英会話では、プレゼンテーションや、会議の進め方、などのテーマがあるのですが、そのまま現実の仕事等に適用、応用できる内容でしたので、自分なりに講義の内容をまとめたレジュメ(英語と日本語が混じったもの)を作成しました。主体的に取り組めば大きな成果を得ることのできる講座ですので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

上級コースの受講生の声一覧Student Voices

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。