PEGL[ペグル]の特長 Features of PEGL

正解主義から成果主義へ

日本人は、なんでも正しくやろうとする。The big question is: what's your purpose of studying English?

完璧じゃないと自信が持てない。
「正しい英語」を求めすぎて、「正解主義」にとらわれていませんか。

「英語ができる能力」と「英語でビジネスが遂行できる能力」は、まったく別物であると、PEGL[ペグル]は考えます。学校の英語教育から深く根付いている「間違いの無い、正しく完璧な英語」だけに焦点をあてた「正解主義」の学び方では、グローバルビジネスの現場で結果を出すことはできないというのが、本講座の監修者・大前研一の考えです。本来、ビジネスパーソンが目指すべきはビジネスで結果を出すこと。「成果主義」を軸とした学び方に切り替えることで、あなたが英語に悩み、奮闘し、時間をかけて取り組む意義は変わるはずです。

PEGL[ペグル]の英語は「成果主義」。英語のエキスパートではなく、グローバルで活躍できる人材を目指すための、総合スキル修得をゴールとしています。

1の壁ENGLISH圧倒的に足りない、TPOに応じた表現力×発言力

外国人は、発言を求める。

多くの日本人は自分の英語を「正しいか、間違っているか」で判断するため、日常の会話でも、強迫観念のように正しい英語を話そうとするあまり、タイミングが遅れ、意見や質問を言いたくても、怖気づいて発言できない傾向があります。個人の発言を求める外国人にとっては、あなたが英語を話せない姿よりも、「英語を話さない姿」や、「笑顔で分かったふりをする姿」に戸惑います。「この人と仕事をするのは不安だ」という印象を相手に植え付けることもしばしば。英語は現場で「使えること」「相手を動かせること」ができなければ意味がありません。

突破口は

NUANCE

TPOに応じた婉曲的な英語表現ができる力

2の壁THINKING自分の意見を述べられない人は、存在感ゼロ

外国人は、論理的に主張し、議論する。

海外では、意見がない=存在しない人だと見なされる。これは皆さんも聞いたことがあるかもしれません。しかし、そもそもどうやって議論に入っていけばいいのか、分からないー。この悩みは、英語力よりももっと本質的なスキル不足が原因ともされています。ビジネスの現場は、あなたの英語が正しいかどうかを評価する場面ではありません。たとえブロークンでも、気後れせず、自信を持って自分の意見を論理的に、筋道を立てて説明ができる「説得力」のほうが大切なのです。この問題に立ち向かえないと、交渉やプレゼン、問題解決に支障が出るといっても過言ではありません。

突破口は

LOGIC

話の道筋を簡潔・明確にし、物事を伝えられる力

3の壁GLOBAL MIND自ら踏み込まなければ、悪気無く置いていかれる

外国人は、感覚が違う。

「出来ると言ったのにやってくれない」「1日待っても返信が来ない」「いきなり決断を急かされる」…。日本人の常識は、外国人の非常識。そして、相手も同じ課題を抱えながら日本人とビジネスをしています。グローバル環境で仕事をする上で、最低限必要となる知識やマナー、対応スキルを備えていなければ、たとえ英語力が堪能であっても、人・物をコントロールすることは困難。常識や価値観の違う外国人を相手にしても、臆することなく、自分で「相手を動かすことのできる力」がなければ、思わぬリスクを被ることは大いにあり得るのです。

突破口は

LEADERSHIP

異なる文化・思考を尊重し、協働できる力

PEGL[ペグル]のコース一覧はこちらからご選択ください。

コース紹介へ

PEGL[ペグル]はこう突破する。

正しい英語 < 結果の出せる英語Get things done. Get results.

PEGL[ペグル]の英語は「成果主義」。
「英語力×ビジネス力」を同時に学び、結果を出す力を手に入れる。

英語力とビジネス力が一緒にアウトプットされない限り、現場での有効なコミュニケーションは取れないと、PEGL[ペグル]は考えます。英語だけをひたすら学び、TOEIC®のスコアが800点を超えても、いざ現場に立たされると自信が持てない日本人は後を絶ちません。つまり、あなたの不安は英語力だけでは埋まらないのです。そこでPEGL[ペグル]では、多忙なビジネスパーソンが「3つの壁」を突破するために、「新感覚オンラインカリキュラム」を実現。初級から上級者まで、あなたの目的や英語力に応じて、これまでの学習法とは全く違ったアプローチで「成果主義」の英語力を提供します。

1の壁を突破するには5分後に生きる英語力を、その場(リアルタイム)で手に入れる

忙しくて通えないなら、教室ごと持ち運んでしまえばいい。

新感覚オンライン英語学習で、「続けられない」と決別する。

TPOに応じた表現力×発言力が習得できない要因は、ニュアンス力の欠如。コミュニケーションの場において「正解の英語」「正しい表現」は1つではありません。しかしながら、その表現を学ぼうとしても覚えられない、口から出てこないのは、日常でのアウトプットが著しく足りないことや、実際のビジネスで使う機会そのものが少なすぎることが原因です。不完全でも、何度間違えてもいい。とにかく「24時間いつでもどこでも、英語を使って体感すること」にフォーカスした学びの場がPEGL[ペグル]にはあります。たとえば、昼休みにスマホで学んだことを、5分後のミーティングで生かす。電話会議に備えて、早朝にオンライン英会話でウォーミングアップする。PEGL[ペグル]ならこんなスピード感で英語が学べます。ビジネスの現場は、成果を出す場であり続けるために。あなたの成長の場は、すべてPEGL[ペグル]がご用意します。

2の壁を突破するにはプロの添削指導で、外国人に刺さるロジック・議論力を研ぎ澄ます

何度間違えてもいい。まずは自分で答えを創り出す。

相手に踏み込み、明確に自己主張できる力を手に入れる。

与えられたシチュエーションと、決まったフレーズで進む教材―英会話スクールで学んだシーンを、実際のビジネスでそのまま外国人が言ってくれるとは限りません。この学習方法では、「自分で思考する力」を停止させてしまいます。PEGL[ペグル]では、これまで学校では教えてくれなかった、外国人に伝わる文章の書き方や話し方など、ロジックの重要性を学び、「自分で答えを創り出す力」と、それをアウトプットするスキルを鍛えます。考え方の違いを知り、外国人にはどうやって英語を組み立てれば刺さるのか、ビジネスが前に進むのかを一流の講師陣から学びます。

3の壁を突破するには世界で戦うグローバルリーダーに「外国人を動かす」極意を学ぶ

講師は全員、グローバルビジネスのプロである実業家、研究者たち。

一流の講師陣から、教科書には載っていない経験知を得る。

異文化環境の中で自分を変容させるためのリーダーシップ力を、英語レベルに応じて修得します。グローバルリーダーとして、価値観の異なる相手とビジネスをするとはどういうことなのか。国籍別における考え方の特徴から、相手を動かす力をはじめ、教科書ベースの学習ではなく、グローバルビジネスのプロである講師陣が「現場のリアル」を機軸とした対応スキルを伝授します。電話対応、メール、交渉、プレゼン、ミーティングなどのシーン別の会話表現はもちろん、英語力に応じて、グローバルで活躍するための専門スキルを鍛えるためのMBAの基礎スキル、リーダーシップスキルまでを体系的に学べます。

PEGL[ペグル]のコース一覧はこちらからご選択ください。

コース紹介へ

PEGL[ペグル]開発者の想い

英語を学ぶほど、なぜかチームが崩壊していく。There is only "Right Communication".

株式会社ビジネス・ブレークスルー取締役
PEGL[ペグル]開発責任者
政元 竜彦

日本人は「和文英訳型」の会話をしがちである―
私も海外駐在時に「和文英訳」で相手と接していた結果、誤解を招き、最終的にはチームが崩壊するという経験をしました。日本語でもTPOに応じた言い方があるように、英語には英語の表現や異文化マインド、さらにはロジックがあるということを理解していなかったのです。現場で結果を出せる人材を育てたい―そんな想いで、2008年、大前研一監修のもとPEGL[ペグル]を立ち上げました。様々なビジネス上の場面において、相応しい言い方や不適切な表現とは何か、その背景となる文化的な特徴などを徹底的に議論し、スピーキング教材をはじめ、これまでの英語学習とは逸脱したトレーニングの開発を行いました。ぜひその違いを、よりより多くの方にPEGL[ペグル]で体感していただきたいと思っています。

PEGL[ペグル]は、大前研一監修のもと設立されました。

監修者・大前研一メッセージへ

選ばれる品質

PEGL[ペグル]のバックグラウンドについてBackground

我々は、文部科学省認可の大学運営を行っています。

PEGL[ペグル]は、実践ビジネス英語講座(Practical English for Global Leaders)の略で、ビジネス・ブレークスルー大学(以下BBT大学)が2008年に開講したオープンカレッジ講座です。BBT大学は、通学不要・100%オンラインで経営学の学士を取得できる日本初の大学として2005年に創立し、「経営」「IT」「問題解決能力」「リーダーシップ」「英語」をカリキュラムの柱として、世界を舞台に新しい事業を創出し、結果を出せる人材の育成を目的としています。

文部科学省認可の大学を運営

ビジネス・ブレークスルー大学

東京都千代田区「キャリア教育推進特区」認定の株式会社立大学として文部科学省の認可を受け、日本発のオンライン大学として2005年に開学(2005年当時は経営の専門職大学院のみの「BBT大学院大学」)。2010年には経営学部が設置され、学士・修士ともに授与可能な教育機関として、最先端の教育を学生に提供しています。インターネットを利用した独自開発の遠隔教育システムにより、時間や場所の制約を受けずに学習を進めることが可能です。

世界基準クオリティ保証の国際認証AACSB取得

BOND-BBT MBA

PEGL[ペグル]の一部コースより単位移行が認められているBOND-BBT MBAは、世界中のビジネススクール全体のわずか5%未満しか認められていない国際認証AACSBを取得しています。BOND-BBT MBAを運営し、オーストラリアで最高格付の教育機関のひとつであるボンド大学は、教育の国際化・多様化の要請に応えるために1989年に創設されたオーストラリア初の私立大学。全豪大学ランキングで総合1位を獲得している実力校です。

実績紹介

ビジネス・ブレークスルー全体の実績についてPerformance Records of Business Breakthrough Inc.

運営母体の株式会社ビジネス・ブレークスルー(以下BBT)は、1998年に設立された遠隔通信制(オンライン)教育プログラムの企業です。論理的思考力、問題解決力、構想力をもった国際的に通用するビジネスリーダーを育成すべく、一流講師陣による体系的なカリキュラムにより、新人から経営トップまでの人材開発ソリューションを提案しています。BBTが独自開発した教育システムAir Campus®を使い、インターネットを利用したオンライン学習から集合研修まで、約10,000時間におよぶ最先端のコンテンツを提供しています。
学長を務めるのは大前研一。世界最高峰のコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任したグローバルビジネスのプロフェッショナルです。

受講者数

50,000名以上

提供コンテンツ※1

10,000時間超

受講生の活躍国数

50カ国

受講生の起業した会社数

780

企業派遣リピート率※2

80.9%

採用企業数※3

1,600社以上

※1 超一流の講師陣によるマネジメント教育コンテンツ時間

※2 リーダーシップ・アクションプログラムの場合

※3 導入企業一覧はこちら

PEGL[ペグル]について知るAbout PEGL

学長・大前研一 メッセージ

PEGL[ペグル]受講スタイル

受講生の活用シーン

データで見るPEGL

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。