科目詳細 Subject Details

Communication Leadership ~コミュニケーション・リーダーシップ~

概要Overview

コミュニケーションは、相手に行動を起こさせるためのきわめて効果的な道具もしくは武器です。「人を動かす」というゴールに向かって、より効果的なコミュニケーションを遂行するためには、ドライブ、差異化、エンハンス、リポジションといった4つの戦略があります。これらの概念とともに、コミュニケーション戦略を組み立てるための方法論である「アンブレラ・フレームワーク」を皆さんに紹介していきます。このフレームワークに沿って思考を進め、実際の活動に落とし込むことで、きわめて効果的に相手の行動を促すことができるようになります。フレームワークのなかでは、「DDERマトリックス」や「コミュニケーション・ゴール」「戦略的インペラティブ」など、皆さんにとっては聞き慣れない、新しいコンセプトについてもわかりやすく説明していきます。

学習時間(目安) 1回60分(全3回)
身につく力
  • 人を動かす力
  • リーダーシップ基礎
  • EQ(感情理解)
  • 聞く力
  • 発言力
  • 議論する力
  • 説得力
  • ロジカルシンキング
  • マネジメントスキル
  • 問題解決力

第1回 Introducing a Framework for Strategic Communicationsより

グローバル環境でリーダーシップを発揮するために必要なスキルとして、コミュニケーション力が挙げられます。日本特有の「空気を読む」「上司の背中を見て学ぶ」といったようなコミュニケーションの取り方でなく、どのようなバックグラウンドの相手と仕事をするにあたっても普遍的に通ずる、リーダーとしてのコアスキルを知り、基礎からフレームワーク、戦略、実践までを学んでいきます。

この科目で学べること

  1. 戦略と戦術の違いをはじめ、「誰に何を、どう伝える」のが最も効果的な手法なのか
  2. 相手を動かすためのコミュニケーションのフレームワークと、段階的な戦略の変化
  3. ビジネスゴールと、コミュニケーションゴールの違いを理解し、実践に落とす方法

こんな方におすすめ

  1. 日本式ではなく、グローバルで通用するリーダーとしてのコミュニケーション法を学びたい方
  2. 何が人を動かし、行動に移すために必要なのかなど、戦略的コミュニケーションを修得したい方
  3. 相手を動かすための、効果的な思考の枠組みやアクション・プランの立て方を知りたい方

講義一覧Syllabus

本科目の推薦図書(ご購入は任意です)

フレームワークに沿って思考を進め、実際の活動に落とし込むことで、きわめて効果的に相手の行動を促すことができるようになります。


※書籍はAmazonにてご購入いただけます。
※書籍はAmazonにてご購入いただけます。

推薦図書のご紹介

ドライブ、差異化、エンハンス、リポジション――人を動かす4つの戦略をはじめとし、単なる言葉選びや言い回しにとどまらない、人を動かすための論理と、効果的なコミュニケーションの組み立て方を解説します。映像講義とあわせて読み進めることで、よりいっそう深い学びを修得いただけます。


Communication Leadership(コミュニケーション・リーダーシップ)

第1回 Introducing a Framework for Strategic Communications
第2回 Understanding and Using the Umbrella Framework
第3回 Using the Umbrella Framework

講師紹介Lecturers

受講環境System Environment

学習スタイル
  • 映像講義
対応端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン
言語
  • 英語
 
※全ての英語音声の映像講義にはTranscript(英語を日本語に文字起こしした副教材)をお付けしています。
 

上級コース科目一覧Subject List

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。