0120-071-757 受付時間:平日 9:30~17:30

MENU

現場で、結果の出せる英語力をあなたに。PEGLオンラインビジネス英語講座学問の英語を学ぶのは、もう終わりにしましょう。 現場で、結果の出せる英語力をあなたに。PEGLオンラインビジネス英語講座学問の英語を学ぶのは、もう終わりにしましょう。

ビジネスに
うつくしい英語は不要

なぜTOEICのスコアは高くとも、現場で実力を発揮できない日本人が多いのか。

「正しい英語」にとらわれすぎて、本来の目的を見失っていませんか。PEGL[ペグル]では、どうすれば相手が理解・納得をしてくれるのか、行動を取ってくれるのか、といった「ビジネスの視点」で英語を学びます。

Practical English for Global Leaders

question question

英語学習をしたあなたも、こんなご経験、
ありませんか?PEGLではビジネスで
結果を出せる英語学習ができます。

  • 英語は学んだが、ビジネスで自信をもって発言できない…

    peglなら peglなら

    グローバルで活躍しているプロフェッショナルが講師として指導します。

  • 忙しくても続けられるビジネス英会話スクールが見つからない…

    peglなら peglなら

    24時間PC・スマホで学習可能。ネット環境さえあれば海外でも受講が可能です。

  • 外国人に失礼にあたる態度や英語の使い方をしていないか不安…

    peglなら peglなら

    異文化コミュニケーションのマナーに即した対応が学べます。

  • ネイティブとの会議で発言できず、うまく議論ができない…

    peglなら peglなら

    リーダーシップや課題解決など、具体的なビジネススキルも学べます。

PEGL[ペグル]が選ばれる
6つの理由

オンライン英会話だけじゃない。
英語力×ビジネス力を、
実践力に変える“多彩な仕掛け“

  • 写真 学習する生徒たち

    グローバル環境でのビジネススキルが学べる

    グローバルビジネスで必要とされる「英語力×ビジネス力」を同時に学ぶためには、学習領域は多岐に渡ります。PEGL[ペグル]なら、1つのコースの中で「今のあなたに必要な」英語力とビジネススキルが体系的かつ包括的に修得可能。つまり、「これだけやれば大丈夫」。あれもこれも学ばなければと一人で悩む必要はありません。

  • イラスト 世界中からのオンラインアクセス

    通学不要。PC・スマホで24時間、世界中で学べる

    いつでもどこでも「教室を持ち運ぶ」感覚で受講できる100%オンラインの学習環境。映像講義を見たり、講師陣から直接指導を受けたり、国内外の受講生とのディスカッション参加できる、双方向型の学習スタイルが特長です。通学式では継続が難しいというような、多忙を極めるビジネスパーソンに、最適の学習スタイルをご提供します。

  • 写真 オンラインで会話する生徒

    オンライン英会話は「ビジネス特化型」だから安心

    日常のビジネスシーンでよくある場面を想定したビジネス英会話のレッスンを行います。状況を説明する・電話応答、などの簡単な会話から、プレゼン・交渉など高度な会話まで、ビジネスシーンに登場する様々なシチュエーションでパターンを学びます。ロールプレイ方式で、臨場感のある会話の訓練を行います。

  • 写真 講師たちの顔写真

    第一線のプロから学ぶ本格講義

    大前研一をはじめ、グローバルビジネスの第一線で活躍する実業家、研究者たちが「結果を出す」ための英語コミュニケーションを徹底指導。英語を使ってビジネスをどのように展開し、人を説得し動かすのかなど、世界のビジネスリーダーの経験知をもって指導できるスペシャリストが、本格講義を展開します。

  • 写真 pcを使いながら学習する生徒

    世界中から集まるビジネスパーソン(受講生)と、議論ができる

    科目によっては受講生同士がディスカッションをする課題が与えられています。他受講生の意見や考えに触れ、互いに新しい気づきを得ながら、より実践的な思考を深めることが可能です。決まったフレーズを暗記するのではなく、外国人に伝わる表現や異文化マインドの重要性を学び、「自分で答えを創り出す力」を鍛えます。

  • 写真 サポートスタッフ

    受講生同士の交流や、リアルでの学びの場も

    PEGLは2008年の開講以来、11,000人以上のグローバルリーダーを輩出。普段オンライン上では会うことのできない受講生同士が交流いただけるセミナーやオリエンテーションも随時開催しています。受講生の職業も幅広く、大手メーカー・製造業・IT・医療・金融…と様々。ビジネス英語を学ぶ同志として、同じ目標に向かって頑張っている仲間に出会えます。

学習効果

PEGLで変わる実践的アウトプット力

  • PEGL[ペグル]では、どうすれば相手が理解・納得をしてくれるのか、行動を取ってくれるのか、といった「ビジネスの視点」で英語を学びます。

    【PEGL中級コースを受講したAさん
    (エンジニア)の場合】

    学習前 1.前置きが長い 2.要点が伝わりにくい

    受講前のTOEICRスコアは390点。ビジネスで英語が必要と感じていたが、具体的な学習法がわからなかった。メールは翻訳サイトとコピー&ペーストでなんとか乗り切るレベル。本当に伝わっているのかはいつも自信がない。

    PEGL終了時(学習開始から1年) 文章が簡潔に!要点が分かりやすく!

    TOEICRスコアは765点。さらに海外支店の駐在員候補に指名されるまで成長。“英語は文法や発音を完璧に”と思い込んでいたが、グローバルビジネスでは、話の中身やロジックが重要だと学んだ。

  • 【外国人部下への評価を下す時の表現例】

    学習前
    • ・冒頭に場を和ます気遣いがなく、いきなり本題に切り込んでしまった。
    • ・自己主張の強い外国人には、こちらもきちんと言おうと思っていた。
    • ・相手の成果を聴かずに評価を決めつけたため、感情的にさせてしまった。
    PEGL終了時(学習開始から1年)
    • ・講義で学んだ「異文化コミュニケーションのマナー」に即した対応が出来た。
    • ・相手を褒め、感謝・理解していることを伝えるスキルが身についた。
    • ・Iを主語にした婉曲表現を使い、誤解を生まないやりとりが可能になった。

PEGLで学べる3つのスキル

正解ではなく成果志向で学ぶビジネス英語

  • 01 NUANCE TPOに応じた婉曲的な英語表現ができる力 01 NUANCE TPOに応じた婉曲的な英語表現ができる力

    【第1の壁ENGLISH】圧倒的に足りない、TPOに応じた表現力×発言力

    外国人は、発言を求める。

    多くの日本人は自分の英語を「正しいか、間違っているか」で判断するため、日常の会話でも、強迫観念のように正しい英語を話そうとするあまり、タイミングが遅れ、意見や質問を言いたくても、怖気づいて発言できない傾向があります。個人の発言を求める外国人にとっては、あなたが英語を話せない姿よりも、「英語を話さない姿」や、「笑顔で分かったふりをする姿」に戸惑います。「この人と仕事をするのは不安だ」という印象を相手に植え付けることもしばしば。英語は現場で「使えること」「相手を動かせること」ができなければ意味がありません。

    peglはこう突破する peglはこう突破する

    5分後に生きる英語力を、その場(リアルタイム)で手に入れる

  • 02 LOGIC 話の道筋を簡潔・明確にし、 物事を伝えられる力 02 LOGIC 話の道筋を簡潔・明確にし、 物事を伝えられる力

    【第2の壁THINKING】自分の意見を述べられない人は、存在感ゼロ

    外国人は、論理的に主張し、議論する。

    海外では、意見がない=存在しない人だと見なされる。これは皆さんも聞いたことがあるかもしれません。しかし、そもそもどうやって議論に入っていけばいいのかが、分からない…。この悩みは、英語力よりももっと本質的なスキル不足が原因ともされています。ビジネスの現場は、あなたの英語が正しいかどうかを評価する場面ではありません。たとえブロークンでも、気後れせず、自信を持って自分の意見を論理的に、筋道を立てて説明ができる「説得力」のほうが大切なのです。この問題に立ち向かえないと、交渉やプレゼン、問題解決に支障が出るといっても過言ではありません。

    peglはこう突破する peglはこう突破する

    プロの添削指導で、外国人に刺さるロジック・議論力を研ぎ澄ます

  • 03 GLOBAL MIND 異なる文化・思考を新調し、協働する力 03 GLOBAL MIND 異なる文化・思考を新調し、協働する力

    【第3の壁LEADERSHIP】自ら踏み込まなければ、悪気無く置いていかれる

    外国人は、感覚が違う。

    「出来ると言ったのにやってくれない」「1日待っても返信が来ない」「いきなり決断を急かされる」…。日本人の常識は、外国人の非常識。そして、相手も同じ課題を抱えながら日本人とビジネスをしています。グローバル環境で仕事をする上で、最低限必要となる知識やマナー、対応スキルを備えていなければ、たとえ英語力が堪能であっても、人・物をコントロールすることは困難。常識や価値観の違う外国人を相手にしても、臆することなく、自分で「相手を動かすことのできる力」がなければ、思わぬリスクを被ることは大いにあり得るのです。

    peglはこう突破する peglはこう突破する

    世界で戦うグローバルリーダーに「外国人を動かす」極意を学ぶ

コース紹介

英語学習だけに終わらない、
グローバルビジネススキルを鍛える仕組み

短期間(6ヵ月)で集中的に学び、
実践スキルを現場に持ち帰りたい方へ

  • 相手に伝わる「表現スキル」を磨く 2019年4月誕生 2019年4月誕生

    ビジネス即戦力
    トレーニングコースA no1 no1

    【目安/TOEICR 550-730点】

    外国人に伝わる「表現スキル」を磨くことを目的に、中上級レベルに求められるビジネス英語実践力を6か月間で集中的に学びます。「今すぐ英語が必要」という方におすすめです。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら
  • 相手を動かす「協働スキル」を磨く 2019年11月誕生 2019年11月誕生

    ビジネス即戦力
    トレーニングコースB

    【目安/TOEICR 550-730点】

    外国人を動かす「協働スキル」を磨くことを目的に、中上級レベルに求められるビジネス英語実践力を6か月間で集中的に学びます。「今すぐ英語が必要」という方におすすめです。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら

※どちらのコースからでもご受講いただけます。

英語を使ったビジネスコミュニケーション力を
高めたい方

  • ワンランク上の英語力を身につけたい

    上級 no3 no3

    【目安/TOEICR 700点以上】

    グローバルリーダーに必要なマネジメントスキル・MBA入門知識を学び、プレゼン・スピーチ・交渉力を強化。英語の講義が主体となり、より具体的なアウトプットに。ネイティブにも負けない、ワンランク上の実践スキルを修得します。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら
  • スタンダードなビジネススキルをじっくり学びたい

    中級 no2 no2

    【目安/TOEICR 450-700点】

    全てのビジネスパーソンに必要なグローバルスキルを厳選。実際のビジネスシーンを想定したカリキュラムで、今すぐ実践で使える英語スキルとアウトプット力を身につけます。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら
  • 英語がとても苦手で基礎から学び直したい

    初級

    【目安/TOEICR 450点以下】

    ビジネス英語の土台となる単語・発音・文など、基礎スキルを強化。「まずは英語の苦手意識を取り払いたい」「基礎からやり直したい」という方に選ばれています。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら

ハイレベルな業務を遂行できる英語スキルを
身につけたい方

  • マネジメントの現場で使える会話力を伸ばしたい

    マネジメント力トレーニング

    【目安/TOEICR 450-700点】

    グローバル環境でマネージャーが遭遇するビジネスシーンを、180回に及ぶ英会話レッスンで徹底的にアウトプット。マネージャーとして必要な会話スキルを学びます。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら
  • 異文化環境下で現場を牽引するリーダーになりたい

    リーダーシップ力トレーニング

    【目安/TOEICR 800点以上】

    120回の英会話レッスンや集合研修での英語ディスカッション等も交え、異文化環境下で現場を牽引するための、より高いグローバルリーダーシップの醸成を目指します。

    グラフ グラフ
    コース詳細はこちら

選ばれる品質

実践的な英語力を伸ばせる
オンライン型ビジネススクール

  • POINT 01 POINT 01

    文部科学省認可
    大学を運営

    PEGL[ペグル]は、ビジネス・ブレークスルー大学(以下BBT大学)が2008年に開講したオープンカレッジ講座です。BBT大学は、通学不要・100%オンラインで経営学の学士を取得できる日本初の大学として2005年に創立し、「経営」「IT」「問題解決能力」「リーダーシップ」「英語」をカリキュラムの柱として、世界を舞台に新しい事業を創出し、結果を出せる人材の育成を目的としています。

  • POINT 02 POINT 02

    受講生数
    11,000人以上

    PEGLは2008年の開講以来、数多くのグローバルリーダーを輩出。受講生の職業も幅広く、メーカー・製造業・IT・医療・金融…と様々。「結果を出す」ための英語コミュニケーションを経験知をもって指導します。

  • POINT 03 POINT 03

    TOEICR?スコア
    1年で200点UP

    受講期間中であれば、一度観た講義も何度でも繰り返し学習できることから、やった分だけスキルが伸びるのもPEGLの特長です。

卒業生の声

ビジネス英語を学ぶ姿勢がかわった

  • 写真 居藤 誠さん
    【中級コース卒業】
    アドビシステムズ株式会社
    テクニカルアカウントマネージャ
    居藤 誠さん

    ビジネス英語とビジネス力を同時に身につけられる方法が分かった。

    この英単語はビジネスのうえではこういう効果を生むとか、この言い回しだと相手に失礼だから、別のアプローチにしたほうが良いとか、とても具体的なポイントを教わりました。メールの文章表現についても、お客様へのメール、会社の上司へのメール、部下へのメールなど、送る相手や目的に応じた言葉の強弱、言い回しなど、非常に実践的なトレーニングができました。

    はじめは“ビジネスで使う英語”が分かりませんでした。

    日常英会話ではビジネスの現場ではまるで通用しないと、転職してすぐに痛感。上司とのやり取りもままならないし、電話会議でもひとりだけ置いていかれる状況でした。

  • 【上級コース卒業】
    Visual Hong Kong Limited CEO
    馬場 健治さん

    ビジネスをするには、美しく完璧な英語は必要ない。

    PEGLではネイティブをうならせるような英語術も学びますが、その根底にあるのは、「ビジネス英語はブロークンでもいける」、「ブロークンでも積極的に発信し、相手に伝えることが大切だ」という考えです。その前向きな割り切りは、英語を学ぶ者にとって大きな励みになりました。日々のオンライン学習で英語力を鍛えながら、ビジネスリーダーに必要な「考える力」や「グローバルなビジネスマインド」を段階的に醸成していきいました。

    はじめは“英語でのアウトプット”が苦手でした

    TOEICは800点を取ったものの、英語のニュースは断片的に単語をつなげて内容を推測するレベル。仕事で300字程度の英文メールを打つのに2時間かかっていました。

[ 会場説明会(東京) ]

説明会当日の流れ

「なぜ実践ビジネス英語講座なのか?」「各コースで身に着くスキルの違いとは?」 総監修を行った学長の大前研一自らが語る、
ビジネスコミュニケーションの極意の特別映像や、オリジナルの遠隔教育のプラットフォーム「AirCampus」のデモンストレーションなど、各コースの具体的な学習の進め方についてお伝えします。
【開催地】
■東京会場: 株式会社ビジネス・ブレークスルー 麹町校舎
■住所: 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア

会場に来れない方はこちら

個別ガイダンス

※お一人あたり、30分?60分ほどでご説明いたします。
※18時・19時・20時のお時間帯からお選びください。

随時受付中 東京会場 18:00~21:00

参加申込

[ オンライン説明会 ]

説明会当日の流れ

インターネットにアクセスできるPCをご用意いただければ、全世界どこからでも参加することができます。会場に来るのが困難な方や、海外にお住まいの方におすすめです。

※映像は当校からの一方向LIVE配信です。チャット形式で質疑応答が可能です。
※ソフトウェアのインストールや特別な機器は不要です。
※webカメラやマイクは必要ありません。

オンライン説明会(少人数制:先着10名)

※全コース対象

10月17日(木) 20:00~21:00

参加申込