受講生の学習奮闘Blog

ーリアルな英語成長の過程をお届けしますー

大前研一監修の実践ビジネス英語講座[PEGL]
受講生が、学習奮闘する様子を紹介するブログです。

1. お気に入りの先生と楽しくレッスン進行中!

PEGLのBBTオンライン英会話は、週1回のペースで続けています。お気に入りだったHappy先生が産休になってしまったので、新しい先生を探さねば! ベテランの先生がいいので講師歴8年目のAngelina先生、キミに決めた~!(ポケモン風に)

Angelina先生も素敵な先生で、聞き取りやすい英語ではきはきと話してくれ、重要事項が頭にしっかり入ってくる感じ。すぐにお気に入りに入れさせていただきました。

さて、レッスンの内容は、Job titleの紹介の仕方、ちょっとしたお願いの仕方、アポイントの取り方、道案内、ガイダンスの仕方、グラフの見方、パーティでのスモールトーク、電話の伝言、と順調に進行。

2. 使えるフレーズはメモメモ!

一見簡単な内容ですが、市販の教材ではなかなかお目にかからない、すごく実用的なフレーズがぎっしり詰まっています。

忘れないように、メモメモ!
たとえば、

Do you need a hand?
(手伝いましょうか?)
That was close.
(ギリギリやばかった~)
I have to hear from you guys to keep myself informed.
(最新の情報を得るためにあなたたちの話を聞いておかないとね)
Make sure you turn off the light before you lock up.
(鍵を占める前に必ず電気を消してね)
See you in a bit!
(じゃ、あとで!)
などなど。

3. グラフの読み方って意外に知らなかった!!

グラフの見方については、こんな表現を学びました。
A slight rise 微増
fall sharply 急落
grow steadily 着実に成長
a recovery 回復
a sudden drop (これまで上がっていたのが初めて)下がった
a continuous drop ずっと下がっている

意外に知らなかったグラフの読み方、すぐにも役立ちそう。

難しい単語ではないけれど、決まり文句として覚えていなければとっさに出てこない。
プレゼンなどで説明する時には必須のフレーズですね。
グラフといっしょに頭に叩き込んでおこう!

4. パーティのスモールトークも怖くない!

パーティのスモールトークも役立ちました。
ビジネス英語はなんとかできるけど、スモールトークが苦手、という人はぜひ見てほしい。
スモールトークには、ストラテジーがあるのです。
まず話題。次の4つのどれかを使えば、とにかく会話が始まります。

1.A compliment 何かほめる。
「素敵なネクタイですね」とか。これは私も初対面の人との会話の口火を切るときによく使います。

2.A statement 状況を言う。
「素敵なパーティですね」とか「今日は100人も参加しているらしいですよ」とか、「暑いですね~」とか? ありのままを言うだけなので、なにかしらネタは見つかりそう。

3.A Personal Question 個人的な質問。
「どこにお勤めなんですか?」「ご出身は?」とか。

4.A General Question 一般的な質問。
「何を食べているの?」「あなたが飲んでいるのは何?」とか。

話題を変えたいときは、
By the way、Anywayのほか、Speaking of~(~と言えば…)とか、You said something about~(さっきあなたが言ったことだけどさ……)とか、Could be, but(かもね、でも……)も使える。

こんなふうに話を続けると、会話がブチっと途切れないよ、というテクニックも。役立ちます!

会話がブチっと途切れないような話のつなぎ方も教えてもらいました。勇気を出して話しかけても、そのあとが続かなくて不安……という人(私か!)には役立つフレーズですね!

丸暗記しておいて、ここぞというときに「ジャジャーン!」という感じで使いたい!

5. 通じると嬉しい! この単純な喜びがモチベーションに

毎回思うのですが、オンライン英会話では、ひと言でも多くしゃべれると楽しい。英語が通じたという単純な喜びが明日へのやる気につながります。語学って、こういう小さい成功体験が日々あるから楽しいんだな~。さて、来週も予約しなくては!

PROFILE

石井栄子

香川県生まれ。フリーライター歴20余年。
2019年4月からPEGL[ペグル]に出会い、受講開始する。

留学雑誌の制作をきっかけに、英語の必要性を強く感じ、オンライン英会話を続けて4年目。ほとんど英語をしゃべれない状態で、海外取材を何本かこなすうちに、度胸だけは身についた。
もっとしっかり勉強して、英語で記事が書けるようになるのが夢。趣味はボルダリング、HIPHOPダンス、登山(ただし低山専門!)。

今の英語力を
3分で腕試ししたい方

実践ビジネス英語検定

本コースに
興味をお持ちの方

説明会をのぞいてみる

TOPへ