受講生の学習奮闘Blog

ーリアルな英語成長の過程をお届けしますー

大前研一監修の実践ビジネス英語講座[PEGL]
受講生が、学習奮闘する様子を紹介するブログです。

1. 自分の弱点はディスカッションと気づく

6カ月のPEGL(ビジネス即戦力トレーニングコースA)も残りわずか。
最初は仕事と両立できるのか? と不安だったけれど、推奨スケジュールを頼りに、少々遅れつつもすべての課題を提出。映像授業もすべて終了。Eメールの添削課題もすべて提出しました。オンライン英会話も、目標の30回をクリアしました。

AirCampus®でのディスカッションにはほとんど参加できなかったのは反省。他の受講生たちが意見交換している中に、入っていくことができませんでした。自分は、雑談力はある方だと思うのですが、まじめな議論が苦手なのだと気づかされました。正直に言えば、論理的に意見を組み立てて話すことをおっくうに感じている自分がいました。きっと、そういう脳みその筋力が退化しているのかも。

日ごろからいろいろな話題に関心をもって、自分なりの意見をもち、面倒がらずにちゃんと筋道立てて話すようにしなければ、脳の筋力は衰えるばかり。何よりそれができなければ、どんなに英語ができたところで話せないし伝えられないと痛感しました。グローバルなビジネス環境で存在感を示すのは難しいですね。肝に銘じておこう!

2. ビジネススピーキング効果測定テスト(BEST)の成果はいかに?

さて、PEGLの仕上げは、BBTオンライン英会話で行う「ビジネススピーキング効果測定テスト(BEST)」の、2回目…総仕上げとなる最後のテストです。

BBTオンライン英会話は、フィリピン人の先生とスカイプを使ってマン・ツー・マンで会話をします。トータル25分×30回のセッション。せっかく英語を使える機会なので、30回のチケットを消化するべくせっせと予約を取り学んできました。

PEGLをスタートした最初の月に、BESTの1回目を受けレベルチェックをした結果、Level5からスタート。lesson1から13までを履修しました。会社のメンバーの紹介の仕方、道の尋ね方、グラフの読み方、アポイントメントの取り方、電話での伝言の残し方、ジョブインタビューの仕方、問題解決の仕方……、オフィスで遭遇しそうなシーンとそこで使えそうなフレーズをたくさん学びました。

そして、最後のテストで、どれだけ成果があがったのかが明らかになります。1回目と比べてあまり変化がなかったらどうしよう……と、少し心配でした。

3. 納得のいく回答ができず、後悔しきり……

テストの形式は、最初のテストと同じ。
1問目:英文を音読、2問目:写真を見て状況を説明、3問目:インストラクターの質問に答える(今回は、これまで行った観光地、これから行きたい観光地について)、4問目:留守番電話にメッセージを残す(アポイントのリスケジュールについて)、5問目:あるサービスの導入にあたって、二つの選択肢から一つを選び、選んだ理由を言う。

2問目の、写真を見て状況を説明するのは、毎回のレッスンの冒頭でもやってきたので、もっとうまく答えられるはずなのですが、緊張もあってかしどろもどろ。レッスンのときにちゃんとやっていればよかったと後悔。

4問目の留守電のメッセージは、時間が若干余ってしまい、定番の「お電話ありがとうございました」とか「何か質問があれば遠慮なくお尋ねください」といったフレーズを入れればよかった…と後悔。

5問目は、もごもご言っている間に時間切れ。シンプルなセンテンスで要領よく言う練習をせねば……と後悔。

結局、自分でも納得のいく回答とは程遠く、後悔だらけ。結果は……。

4. スコアは15点のアップ!成果はあった!!

あんなに自信を無くしていたものの、スコアは100点中71点。初回のテストは56点だったので15点のアップ。★の数も、前回が上から、3、3、4、3、4、3、4だったのと比べると、3個がなくなってすべて4個になったのは、多少進歩したといえるでしょうかね。後退していなくてよかった!

でも、見るべきことは、スコアではなく、コメントですよね。自分の弱点は何なのか、どこを改善するべきなのか。文法もまだまだ間違いだらけみたいだし、むだなことをごちゃごちゃ言わず、シンプルなフレーズで話すことも課題のよう。訛りもあるようす。sitesと言ったつもりが相手にはsideと聞こえていたのは衝撃。「あ~」「う~」と言ってしまうのも気を付けよう。

週に1回、25分程度の会話で英語が流暢に話せるようになるとは思っていませんが、それでも、確かな成長があったことは素直にうれしいし、職場でもっと英語を使える場があったのなら確実に結果は変わっていたと思う。

細々でも、勉強を続けたいなと改めて思いました。

PROFILE

石井栄子

香川県生まれ。フリーライター歴20余年。
2019年4月からPEGL[ペグル]に出会い、受講開始する。

留学雑誌の制作をきっかけに、英語の必要性を強く感じ、オンライン英会話を続けて4年目。ほとんど英語をしゃべれない状態で、海外取材を何本かこなすうちに、度胸だけは身についた。
もっとしっかり勉強して、英語で記事が書けるようになるのが夢。趣味はボルダリング、HIPHOPダンス、登山(ただし低山専門!)。

今の英語力を
3分で腕試ししたい方

実践ビジネス英語検定

本コースに
興味をお持ちの方

説明会をのぞいてみる

TOPへ