受講生の学習奮闘Blog

ーリアルな英語成長の過程をお届けしますー

大前研一監修の実践ビジネス英語講座[PEGL]
受講生が、学習奮闘する様子を紹介するブログです。
PEGL開講期間1年間を通して、1ヶ月に1度更新していきます。

【受講8ヶ月目】習熟度の把握と苦手克服に向けて

こんにちは!丹原です。

8ヶ月目の学習奮闘記をお送りします。


この記事のもくじ

1. とにかくレッスンを進めました!【Practical English】

今月はお盆休み期間中に、残り42レッスンから34レッスンに学習数を進めました。

1項目につき、3ステップで学習できるシステムになっています。

学習できる内容は、文法や単語を、
1番はじめに行った現状の英語スキル(私の場合、受講1ヶ月目時点で行った英語レベルチェックテストの結果)でおすすめしてもらったラーニングパスを元に、学習を進めています。



はじめは苦手意識があり、なかなか進めるのに苦戦し、学習するのを躊躇していましたが、
杞憂に終わりました。



思いの他、すすめることができ、受講8ヶ月目のお盆休みの期間を活用して、
8レッスンすすめることができました。


3ステップで1レッスンが完結するため、
8レッスンを修了するには24ステップ進める必要があります。


1ステップずつ、きちんと学習していくと、1ステップあたり、10~20分かかるため、
Practical Englishの学習を受講期間の終盤に残してしまう場合、
結構まとまった時間を取らないと、修了条件を満たすのは意外に難しいのかもしれない、と思いました。


1レッスンでも少しずつ進めるのが重要に思いましたが、果たしてできるのか少し不安もありつつ…なんとか頑張ってみようと思います!

2. 進歩しているのか不安になり、再度受験をすることに【TOEICテスト】

受講8ヶ月目となり、学びが身についているのか気になり、
受講1-2ヶ月目に受講を推奨されているTOEICテストを再受験しました。

(実は1-2ヶ月目に受験したTOEICテストのスコアを確認するために、確認していたところ、
もしかしたら、もう一度受験できるのではないか?!と、試してみたところ、
なんと受験できることがわかりましたのでやってみました。)


簡易テストのため、試験時間は、本来のTOEICテストの試験時間2時間のところ、
こちらでは、半分の時間(1時間)で、問題を解き、スコアを測定してもらうシステムになっています。

とはいえ、リスニングとリーディングのパートに別れて行うことには変わらず、着々と試験を勧めることに。

肝心のスコアについては…

初回のスコアから100上がっておりました…!!

もうちょっと上がっててほしかったな…と正直なところ思いました。


それと同時に、TOEICでスコアをあげるためには、ちょっとだけ試験の流れやペース配分などを
意識する必要もあるのかな?と思いつつも、

問題を解きながら、自分の苦手なところが、浮かび上がってきたので、
もう少し、語彙数や文法力を増やしていこうと、試行錯誤することに。

というのも、BBTオンライン英会話で、レッスンが終わる毎にいただく、講師の方々のレビューで指摘されていたことを思い出したのです。


「語彙力を上げましょう」
「色んな記事などを読んで見ましょう」
というレビューをいただくことが多く、語彙数に問題があることは明確でした。


書店で英単語帳を探していたところ、TOEICのや大学受験のときの英単語帳が、
ビジネス英語で使う単語が多く含まれているようです。
(結構、意外でした…!)

3. まとめ【英語の弱点の洗い出しと改善に向けて】

仕事で、最近、新しいサービスの情報交換で、国籍問わず、英語で交流する機会が増えてきました。

実務での英語、PEGL中級コースを受講の科目学習中、両方に共通して、

語彙がわからないために、話が通じなかったり、
一つの単語で説明できることを、なんども言い換えをして、やっと伝わるたものの、
この単語ひとつのために、結構な時間がかかってしまう、
という経験が最近の自分自身を苦しめています。


PEGL中級コースのどの科目においても言えるのですが、
Practical English やTOEICテストセンター試験を受けることは、
自分のできている部分と、できていない苦手な部分を認識させてくれました。

できていない部分を補うために、何をすればよいかを考えられることが、身をもってよくわかりました。

そのため、今年の年末には修了予定のPEGL中級コースの学習が終わっても、
英語の学習をどうやって続ければよいのか、
自分で仮説を立てて、学習点を考える基盤ができてきているのかもしれません。

あと4ヶ月の学習期間で、身につけられることを奮闘し続けます!



〜仕事で英語がうまく行かなかった週末の一コマ〜

世界各国の講師陣を交え、業界の新規領域のノウハウをディスカッションをするカンファレンスにて、英語がわからず落ち込んだ日がありました。

1日中、英語が聞き取れない、伝えられないというもどかしさの中、身振り手振りで、迎えた週末。

身振り手振りでの、コミュニケーションも大いに問題がありますが、
相手が何をいっているのか、聞き取り理解する力が最も必要と考えたため、
大前研一ゲスト対談では、音声を聞き取り、文字起こしをすることに。(ディクテーションというそうです)

英語の聞き取きとりができないところを徹底的に洗い出し中です。



また、受講9ヶ月目のブログにて!
頑張るぞ!

PROFILE

丹原成子

TAM Inc. WEBディレクター
metaca. LLC サウンドアーティスト/代表

PEGLのwebサイト関連でお仕事に関わっていたり、音楽を作ったりしています。
ビジネススクールにビジネススクールに通い、MBAの演繹的かつ実践的な学習体系を自分の思考のパーツにすべく修得奮闘中。
webディレクターとして、サウンドアーティストとして、ビジネスで英語の必要性を日頃から感じていたものの、
どう学べばよいか迷っていました。

ご縁あってPEGL中級コースに魅力を感じ、1年間集中して学習しようと一念発起。
受講中の方との交流できることも、楽しみのひとつとしてPEGL受講をスタート。

ブログ更新やPEGLのお知らせを
ご希望の方

メルマガ登録はこちら

PEGLの講座に興味をお持ちの方

PEGL説明会日程はこちら

TOPへ