受講生の声
Student Voices

TOEIC®スコアが自己ベスト730点に到達できた。

  • 初級コース卒業

松下 亮さん

医療用調剤機器メーカー

受講前の英語力はいかがでしたか?
海外旅行で使用する会話なら問題ないレベルでしたが、ビジネスで使えるレベルではありませんでした。所属部署は国際営業部です。メインは中国を担当しており、英語を使わなくても日々の業務に支障をきたさない環境です。
英語が必要だと感じたきっかけはなんですか?
中国での営業経験を他国に活かしたいという想いから英語が必要だと感じました。時折、同僚の海外ゲスト対応時に英語を使う機会もあったのですが、事前に準備しておいた内容の会話だけしかできない状態でした。今後、英語でのディスカッションへの参加を想定した際に、私の英語力では到底太刀打ちできないと痛感。文法など自分の感覚で使っていた英語を更に一歩踏み込み基礎からやり直す必要があると思ったのと同時に、普段英語を使う機会がない分、感覚で話す英語ではなく安定した英語力を身に着ける必要性を感じていました。
受講前に不安だったことはありますか?(例:語学力、仕事、将来の事など)
PEGL初級コースの前に、中級コースを受講した結果TOEIC®の点数が705点だった為、学習内容が簡単なのでは?という不安がありました。ただ、今回の目的は英語の基礎力を再強化することと決めていたので、受講を決意しました。実際に始めてみると、そのような不安は一瞬でなくなり、英語学習の心構えから、英語力の軸となる文法・発音・スピーキング・TOEIC®対策、ビジネスで必要なロジカルシンキングと内容が充実していました。
沢山の学習教材・方法がある中で、なぜPEGLを受講しようと思ったのですか?
ビジネスで使える英語にフォーカスしている点、またwebでの学習なので自分でタイムスケジュールを立てることができる点に魅力を感じました。英語学習を始める時はイニシャルの投資額に目を奪われがちですが、充実した学習内容・副教材などの豊富なコンテンツ・好きな時間に勉強できる利便性・一年間という受講期間を考えると、英会話学校に通うよりもPEGLのコストパフォーマンスの方が断然高いと判断しました。ブロークンでもビジネスで使える英語がなければ、自身の営業テリトリーを広げることは不可能です。またチャレンジできるステージにさえ上がれないと思い、PEGLの受講を決めました。
日々どのように学習されましたか?(工夫した点などがあれば教えてください)
①移動時間(アイドルタイム)の活用:中国への出張が多いので、空港の待ち時間・フライト中・現地での移動時間など、今まで有効活用できていなかった時間を学習に充てる事。また、特に予定のない休日にはオンラインレッスンを事前に予約し、英語学習の時間をねじ込みました。②AirなCampus状態を自ら創りだす:受講生が毎週英作文の課題を提出するカリキュラム、スカイプでの英会話レッスン「BBTオンライン英会話」があります。そのようなレッスンでは、先生や学習プラットフォームAir Campus®の仲間たちに惚れ込み、この和の中に入り込む努力をしました。AirなCampusを自分の中で確立すると、英語学習を過去に感じていたつらい勉強という事がクラスメイト達と共に行う楽しい学習へと変化していきました。
本コースで役に立った、興味深かった科目はなんですか?
Grammar for business peopleです。受講生が英作文の課題を提出して、先生が講評を戴けるという英文法を学習するレッスンに魅了されました。課題というとつらいと感じるかもしれませんが、英作文作成の課題を自然と生活の一部に取り込めた事が一年間毎週投稿できたのだと思います。webだけで盛り上がれる雰囲気を作り上げた先生・それに乗っかった受講者メンバー。 想いがあればwebでも素晴らしいチームを形成できるのだなと実感しました。初級コースの受講が終了した今でも心にぽっかり大きな穴が開いた感じで、もう一度あの和の中に戻りたい気分です。
PEGLを受講して、どのような成果を感じましたか?
各シーンで選択する言葉やどのような言い回しが聞き手の受け取り方に大きく影響するという事。自分の主張を受け入れてもらう為にも、聞き手の心をオープンにさせなくてはいけないという考え方は、英語の世界だけでなく中国の顧客や自身のビジネスにとても役立っています。
今の英語力は受講前と比べてどのように変化しましたか?
10年間スコアが更新できなかったTOEIC®の自己ベストを730点に更新しました。
受講を検討されている方に一言お願いします。
自分の英語力を安定させたいと感じておられる方にお薦めの初級コースです。巷の通信教育のように机でカリカリ勉強するというスタイルをPEGLはとっていません。他の受講生と触れ合えるカリキュラムもたくさんありますし、オンラインレッスンのフレンドリーな先生方ともすぐに打ち解けることができます。初級の学習を修了したばかりですが、同じカリキュラムでも再度受講したくなるぐらい魅力たっぷりの初級コースです。

初級コースの受講生の声一覧Student Voices

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。