受講生の声
Student Voices

国ごとの行動様式が判断でき、より効果的な議論ができるようになった。

  • リーダーシップ力トレーニングコース卒業

糠野 博一さん

株式会社コスモ・ピーアール Managing Director

リーダーシップ力トレーニングコースの受講理由を教えて下さい。
2013年にビジネス・ブレークスルー(以下BBT)の大前研一経営塾に入塾し、その内容の充実度合いとクラスメイトとの意見交換に刺激を受けました。BBTには実践ビジネス英語講座(以下PEGL)という英語コースがあるのは知っていて興味があったのですが、2015年4月にそのPEGLに最上級コースであるリーダーシップ力トレーニングコースが開講されると聞き、大変興味を持ちました。どうせ受けるのであれば、第一期生で受けるのが先行者の利点があると思い受講を決意しました。また、英語におけるリーダーシップはアメリカ本社のエグゼクティブを見て、それをベンチマークとしていたこともあり、いつか身につけたいと思っていました。
リーダーシップ力・英語力が必要だと感じたきっかけはなんですか?
大学卒業後、すぐにアメリカ外資系会社に2社勤務し、それぞれ14年、21年勤務したため、英語を使う機会は多くあったのですが、職責上おもに社内におけるコミュニケーションにとどまったため、自身の英語が対外的に通用するか、適切なのかが不明でした。また、英語のみならず英語圏の文化の理解も深めたい気持ちもありました。本当の意味でコミュニケーションを効果的なものにするには、言葉の習得に加えて文化の理解が必要で、それも日本文化との比較で学べば、より効果的だと考えました。
本コースで役に立った、興味深かった科目はなんですか?
受講当初は大前さんの英語のニュアンスの講義(Kenichi Ohmae's Practice of Global Communication)が興味深かったです。それ以前、英語は直接的な物言いをする言語と思っていたのですが、それは間違いであることを学びました。TPOに合わせて、同じメッセージを伝えるにしても何通りも言い回しがあることを知ったのは今後に大いに生きると思います。後半はなんと言っても麻生川先生のGlobal Literacyです。特に、中国と韓国の歴史を理解することで、両国の行動様式が判断できるようになったのは、今後の彼らの動向を分析する上で、大変役に立ちました。
本コースに含まれているオンライン英会話レッスンはいかがでしたか?
スカイプでの英会話(BBTオンライン)は大変役に立ちました。会話の設定がビジネスで多く遭遇するものとなっていて、そこで使用される適切な言い回しや、どういうスタンスを取るべきかというのも実践として学ぶことができました。フィリピンの英語講師もビジネスの状況をよく理解していたので、実際にありえる議論や反論を「自分の部下役」としてしっかり返してくれました。教材及び英語教師、双方とも品質が非常に洗練されていたと思います。また、25分というレッスン時間もちょうど良い長さと思います。
集合研修に参加された感想をお聞かせ下さい。
集合研修には、3度とも参加し、ライブで先生の講義を受けられたのは大変役に立ちました。特に最後の集合研修は、一年間学んだ英語及び英語圏の対応方法をロールプレイで再確認するという形式でした。その形式は、頭で分かっていても実際に使えるかどうかは別ということを改めて思い知らされたという意味で、大変有意義なものでした。撮ってもらったロールプレイビデオは一年間の学習の成果を確認することができるのと同時に、課題も確認できるので、大変良い贈り物です。
本コースを受講して、どのような成果を感じましたか?
大前さんの言う、グローバルビジネスシーンでのImpromptu(即興)が少しはできるようになったことでしょうか。英語で話をしているときに、次に何をいうべきか、相手の議論にどう反応すべきかが、(適切な単語が出てこないことはありますが)以前より楽にできるようになったように思います。また、日本語で議論をしているときに、自身の思考スピードが速くなったように感じます。そのため、日本語における議論の際、カウンターパートがどのように出てくるかをいち早く推察することができ、効果的な議論が以前よりできるようになったように思います。
今の英語力、リーダーシップ力は受講前と比べてどのように変化しましたか?
正直言って、英語力が眼に見えて大幅に改善したようにはまだ感じません。リーダーシップ力についても、頭での理解の方は進みましたが、実践はビジネスを通して活用する期間も必要なため、まだまだこれからと思っています。アメリカ人の上司に「実は一年間英語のレッスンをサイバーで受けた。違いを感じるか」と聞いたところ、飛躍的な差は分からないと言われ、一年間の講義は長いですが、本当の意味でアメリカ社会で通用する英語力・リーダーシップ力を自分自身に浸透させるには研鑽が必要と思っています。
受講を検討されている方に一言お願いします。
BBTのPEGLリーダーシップ力トレーニングコースは本当によく設計されています。また、講師陣も充実しています。参加される方も向上心が高く、刺激を受けます。このコースを受けることで最も効果を感じる人は、実際に英語でリーダーシップを発揮する必要がある方です。なんでもそうですが、クラスルームでの学びを本当に身につけるには、学びを実際に使う必要があります。実際に使って、うまくいけば自信になり、うまくいかない場合は、課題を確認し、それを克服します。その繰り返しで、本当の力が身につくと思います。なので、実際に英語におけるリーダーシップを使う・高める必要のある方にお勧めします。

リーダーシップ力トレーニングコースの受講生の声一覧Student Voices

現場で、結果を出せる英語力をあなたに。